ポケネタ速報

【ORAS】カイリュー(抜きエース型)についての育成論

   

初代の赤・緑から活躍を見せているドラゴンポケモン、それがカイリューです。

このカイリューの強味は、A種族値は134であり、ガブリアスの130を上回り、バンギラスと同等の数値です。しかし、カイリューは一般的にこだわりハチマキを持つか、りゅうのまいを積まないと火力がないポケモンとされています。その理由は安定したタイプ一致技がないためです。

ドラゴンタイプの技ならまだ威力80のドラゴンクローがありますが、飛行技に関しては物理技だとつばさでうつかそらをとぶになってしまいます。これらの技は基本的に採用されないため、カイリューはタイプ一致技をドラゴンタイプでのみ使うことになります。そうなると相対的に火力が下がるので、多くのカイリューはこだわりハチマキかりゅうのまいを採用しています。

そして、性格はいじっぱりになります。ちなみにこだわりハチマキを持っているカイリューは43.4%、りゅうのまいを搭載しているカイリューは47.6%、こだわりハチマキとりゅうのまいは共存しないので、こだわりハチマキ持ちかりゅうのまい持ちのカイリューは91.0%になります。性格がいじっぱりである比率も85.0%になっています。

また、カイリューが人気である理由の1つには、しんそくを使える点にあります。禁止伝説を除くポケモンでしんそくを覚えるのはウインディ、カイリュー、ルカリオ、トゲキッス、ドーブルのみです。この中でカイリューはメガルカリオの次にA種族値が高いです。メガシンカ枠を必要としない点において汎用性も高いです。

しんそくは優先度+2の技であるため、自分より素早さの速いファイアローがブレイブバードをうってきたとしてもしんそくを先に打てます。よくあるパターンでは相手のポケモンの体力をある程度削ってからカイリューのしんそくで倒すというやりかたです。しんそくは物理耐久以外では非常に対策がしづらいのでカイリューを使うときは、げきりんの一貫性としんそく圏内にいれることを常に頭に入れてプレイするとやりやすいです。

カイリュー:ドラゴンポケモン


タイプ:ドラゴン・ひこう
性格:いじっぱり
特性:マルチスケイル
持ち物:ラムのみ

カイリューの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
91 134 95 100 100 80

性格について

いじっぱりです。ようきにする利点は最速メガゲンガーをりゅうのまい補正込で抜くことができるくらいです。

そのためここらへんは手持ちのパーティと相談になります。

持ち物について

ラムのみです。りゅうのまいを積んだターンにおにびをいれられたとき相当アドバンテージを得ます。りゅうのまいを積みながらマルチスケイルを残せるためです。相手はこだわりハチマキも警戒しないといけないためおにびはかなりの確率で飛んできます。

努力値について

H4 A252 S252です。基本的に氷技は確定1発になりますが、氷技以外は1発は耐えるので、耐久調整をする必要はそれほどありません。

今回の技構成


タイプ 技名 威力 命中率
ドラゴン げきりん 120 100
ノーマル しんそく 80 100
じめん じしん 100 100
ドラゴン りゅうのまい 00

げきりん

カイリューのメインウェポンです。タイプ一致技であるため、りゅうのまいを積んでいなくてもそこそこの火力が出ます。ちなみにH4ガルーラにりゅうのまいを積んだ状態でげきりんを打てば確定1発になります。

ただ、恐らくSは負けているので注意が必要です。げきりんを打つときは常にフェアリータイプを警戒しましょう。フェアリータイプがいないパーティに対しては積極的に選出していけるポケモンです。

しんそく

カイリューが採用される理由にもなりえる技です。しんそくを覚えさせない理由はありません。相手のガルーラがグロウパンチを積んでいて、ふいうちを警戒しないといけない場面でもしんそくならふいうちを無効化することができます。そのため、相手に択を強いることができます。どれだけ加速を積んだバシャーモでもカイリューの神速はくらいます。

参考までに、りゅうのまいを一回積んだ状態のカイリューがH4ガルーラに神速を打つと50.8%~60.2%はいります。5割削っておけばガルーラを無力化できます。H4バシャーモに神速を打つと65.3%~77.5%はいります。3割程度削っておけば1発でもっていけます。

じしん

仮想敵は、げきりんをごまかしに来る鋼タイプです。具体的にはヒードランやクチートです。一応メガゲンガーに対しても打てます。げきりんと相性補完の関係にある技なので腐ることはないです。

りゅうのまい

この型のメインとなる技です。マルチスケイルがあるため、1発で倒されづらいです。そのため、安定してりゅうのまいを積むことができます。相手のパーティに先制技がないようなら積極的にりゅうのまいを使っていきましょう。相手のポケモンがある程度削れた後半に出せば、そのまま3タテする可能性も秘めている技です。

運用方法


環境に多いポケモンだと、バシャーモやボルトロス、各種ロトムを起点にりゅうのまいをつむことができます。カイリューはすなあらしやあられ、ステルスロックでマルチスケイルがなくなってしまうと非常に運用しづらくなるので、カバドリパーティなどには選出しづらいです。

一応、A特化ガブリアスのげきりんをマルチスケイルも込みで、70.6%~83.2%で、返しのげきりんでガブリアスを処理、鮫肌も耐える点から、カバガブボルトスイクンバシャのようなテンプレパーティに強いのも評価できる点です。

困ったらとりあえず選出すれば、それなりの活躍はするポケモンなので雑にパーティにいれることもできます。ゲッコウガやマリルリ、クレセリアには弱いので、このカイリューをパーティに組み込む場合はそこを補完できるポケモンと組ませるといいです。

 - ポケモン育成論 , ,