ポケネタ速報

【ORAS】キノガッサ(テクニシャン)についての育成論

      2016/09/14

ルビー・サファイア時代に登場し、今もなお環境トップクラスとされているポケモン。

DP世代では特性のポイズンヒール+どくどくだま+みがわり、キノコのほうしという強力なハメ技で恐れられていて、当時のねむり系の技は2~6ターン続いておりとても脅威とされていたが、XY世代になり草タイプへのキノコのほうしが無効、さいみん関係は、1~3ターンと弱体化されました。

しかし、ぼうじんゴーグルというアイテムの登場によりこの型はかなり見なくなり今ではマイナーよりとなりましたが、夢特性のテクニシャンにより火力が増し、さいみん技も弱体化されても効果自体は強力でありきあいのたすきを持たせることによってタイマン性能を高めた型が増加しました。

効果抜群ならば強化アイテムなしでも、大抵は1~2発で倒せるポケモンが多いため、きあいのたすきやキノコのほうしによってタイマン性能の高さが分かると思います。

タイプ上不利でもごり押しでき、催眠やがんせきふうじにてサポートもできるためどのパーティに入れても役に立ってくれるので非常に優秀なポケモンと言えます。

ただ、すべての技を半減・無効とされぼうじんゴーグル持ちの可能性があるギルガルドには勝てず、キノガッサは耐久が低くきあいのたすき頼りになっているのでステルスロックや連続技には勝てないので選出時は気を付けましょう。また、高火力な先制技によってゲッコウガをタイマンで勝てるのも大きな魅力でしょう。

最後になりますが前作から様々な面で弱体化された現環境でも強力な技でウォッシュロトムなどの強力な水タイプポケモンにも強く、環境トップメタにもなりきあいのたすきを持たせたことによって相手のエースのを止めながら眠らせたりがんせきふうじで相手を遅くでき、先制技で一掃もでき火力も問題なしのこのポケモン、メンバーの1体に迷ったらどうでしょうか。

キノガッサ:きのこポケモン

286

タイプ:くさ・かくとう
性格:いじっぱり
特性:テクニシャン
持ち物:きあいのたすき

キノガッサの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
60 130 80 60 60 70

性格について

性格は準速で困ったことはなく、火力を少しでも上げたいのでいじっぱりな性格で確定です。

元々高いAに性格補正を加えればより高いAになって環境で良く見かけるポケモンでも1発で倒す事も可能になります。

持ち物について

持ち物はきあいのたすきが安定しているので確定。

一撃必殺や一発で倒されそうな効果抜群技を受けたとしてもきあいのたすきがあれば持ちこたえることできるので素早さで負けていても返しのターンで強力な一撃を返す事ができます。

努力値について

努力値は、少しでも高い火力にする必要があるのでAS252振りです。これで高い火力にそこそこの速さが手に入るので色々なポケモン相手に対応しやすくなります。余りは、H4振りしてあります。

今回の技構成


タイプ 技名 威力 命中率
くさ キノコのほうし
くさ タネマシンガン 25 100
かくとう マッハパンチ 40 100
いわ がんせきふうじ 60 95

キノコのほうし

草タイプに無効となった今でも超強力な技。魅力はなんといっても命中率が100%なので、不利な相手との対面時交換をしなくても思考停止で眠らせてから交換ができるのでそれだけで強いです。

キノガッサといえばほとんどがキノコのほうしを持っていると読まれていても対策が甘いとパーティが崩壊してしまう程です。必須技。

タネマシンガン

特性テクニシャンにより強化されました。連続技でもあるのでいわゆる無限ループ系のポケモンにも強くなれます。運よく連続が続けばスイクンも吹っ飛ばせる程の火力と充分でしょう。

がんせきふうじ

この技によって最後のあがきとしても後続にサポートもでき、出てきたファイアロー、ボーマンダにも刺さり、メガリザードンへの打点となりタイマンで勝てるようになるキノガッサととても相性の良い技でしょう。

地味ながらこの技も特性であるテクニシャン補正がかかるので是非、採用したいひとつになります。

マッハパンチ

タイプ一致+テクニシャンで高火力先制技となる必須級の技。バンギラス、サザンドラ、ガルーラなどへの遂行技にもなるので今の環境にはないと腐ってしまいやすいので欲しいです。

その他の技

きあいパンチ

ポイズンヒール型に必須技とされていたが今ではマイナーよりとなってしまっているがキノコのほうしさえあれば打てる機会は高いが、この技を入れるなら火力強化アイテムを持たせることを推奨します。

ばかぢから

こだわりはちまきを持たせて瞬間火力を底上げするために入れている型もありますが、強化アイテムなしだとマッハパンチとの確定数がほぼ変わらなくメリットづくめのマッハパンチの方が断然強いため選択率は低め。

ストーンエッジ

岩タイプの技と相性補完に優れているため腐る事は無いですが、これもきあいのたすき型ならばSを下げられるがんせきふうじの方がキノガッサが活きるので命中不安もあってそこまでおススメはできません。

 - ポケモン育成論 , ,