ポケネタ速報

【ORAS】シャンデラ(こだわりスカーフ型)についての育成論

   

今回はシングルバトルにおける「シャンデラ」の育成論です。

【シャンデラ】


タイプ:ゴースト・ほのお
種族値:H60 A55 B90 C145 D90 S80
特性:もらいび、ほのおのからだ、すりぬけ

シャンデラは、ブラックホワイトで登場した「ゴースト・ほのおタイプ」のポケモンです。
かっこよさとかわいさを兼ね備えた見た目から高い人気を誇っており、好きなポケモンとして挙げる方も多いのではないでしょうか。
ORAS現在「ゴースト・ほのお」というタイプの組み合わせを持っているのはシャンデラ系統だけであり、広い攻撃範囲と優秀な耐性を持っているため、他のポケモンにはない役割を果たすことが可能です。

種族値を見ると、まず目に付くのは145という非常に高いCです。この数値は全ポケモン中でもトップクラスの部類に入るため、シャンデラの最大の強みと言えます。耐久面についてはHが60と低いですが、BDが90と高めであるため、総合的な耐久はそれほど低くありません。

Sも80と平均程度の数値があり、使わないAが低く設定されているため、全体的にバランスの良い種族値をしていると言えます。攻撃技・変化技共に優秀な技を多く習得するため、相手に型を読まれ辛いというのも大きな強みです。多くの型が考えられるシャンデラですが、今回は奇襲性能と扱いやすさを兼ね備えた「こだわりスカーフ型」についてご紹介します。

特性

すりぬけ(相手の壁や身代わりを無視して攻撃できる)
攻撃性能が高くなる優秀な特性。相手に壁や身代わりを使われてしまうと、通常であれば突破するまでに時間がかかってしまいますが、シャンデラはこの特性によってそれらを無視して攻撃することができるため、相手のプランを大きく崩すことが期待できます。

性格

おくびょう(S↑ A↓)
こだわりスカーフを持たせた高速特殊アタッカーとして運用したいため「おくびょう」とします。火力重視の「ひかえめ」も選択肢になりますが、「おくびょう」でなければトップメタのメガゲンガーをこだわりスカーフ込みでも抜くことができないため、安定性を重視します。

持ち物

こだわりスカーフ(持たせると同じ技しか出せなくなる代わりに、Sが1.5倍になる)
広い攻撃範囲を持っており、中速であるシャンデラと相性の良い持ち物。最速にしてこの持ち物を持たせることで、メガゲンガー、メガミミロップ、意地っ張りのスカーフ霊獣ランドロスよりも速くなるため、非常に動きやすくなります。

技構成


シャドーボール
タイプ:ゴースト 威力:80 命中:100
効果:2割の確率で相手のDを1段階下げる。

タイプ一致のゴースト技。XYから鋼タイプに等倍で通るようになったため一貫性が高く、役割対象のメガゲンガーの弱点を突くこともできるので確定技です。威力・命中共に安定していてデメリットのない技なので、非常に使い勝手が良いです。

オーバーヒート
タイプ:ほのお 威力:130 命中:90
効果:技を使った後にCが2段階下がる。

タイプ一致の炎技。使用後にCが2段階下がるデメリットがあるものの、瞬発的に高火力を出すことができるため打ち逃げに最適な技です。この技を使用して1ターンで大きく相手を削ることによって対戦が有利になることも多いので、確定技です。

かえんほうしゃ
タイプ:ほのお 威力:90 命中:100
効果:1割の確率で相手を「やけど」状態にする。

2つ目のタイプ一致の炎技。オーバーヒートとタイプは同じですが、デメリットがない技なので、相手に起点にされることを恐れずに連発できるという強みがあります。

シャンデラは炎技とゴースト技だけで多くの相手に対して等倍以上を取ることができるので、同じタイプの技を2つ採用しても攻撃範囲の狭さを感じることはほとんどありません。

めざめるパワー(こおり)
タイプ:こおり 威力:60 命中:100
効果:通常攻撃技

ガブリアス、メガボーマンダ、カイリュー、霊獣ランドロス、グライオンなどに対して4倍弱点を突くことができるサブウェポン。タイプ一致技と違い一貫性には期待できませんが、これらの相手は使用率が高く、他の攻撃技で落としきることが難しいので、この技を持っておくことで安心感が高くなります。

「こだわりスカーフ」を持つことでこれらの相手より速くなるため、その点とも相性が良い技です。

努力値配分


C252 D4 S252

こだわりスカーフを持たせて高速特殊アタッカーとして運用したいため、CSに全振りします。余りの4は、相手の特性「ダウンロード」でCが上がってしまうのを避けるため、Dに振ります。

運用方法


有利対面を作り、高い火力と素早さを活かして相手に負担を掛けていく立ち回りが強力です。シャンデラは耐性が優秀ですが、耐久数値は高いとは言えないため、サブウェポンなどで思わぬ被害を負わないように、安易な後出しはできるだけ控えたいです。

したがって、先発や死に出し、後攻「ボルトチェンジ」「とんぼがえり」、無効技読みなど、できるだけリスクの少ない繰り出し方をしていきましょう。それさえ注意すれば、「こだわりスカーフ」によって確保した高いSから高火力を放つことができるので、序盤から終盤まで活躍の場がある優秀なポケモンとなります。

シャンデラと相性の良いポケモンは、「メガガルーラ」です。

メガガルーラが苦手な「おにび」やかくとうタイプの技をシャンデラが無効にすることができ、シャンデラが苦手なゴースト技をメガガルーラが無効にすることができるので、相性補完に優れています。どちらも高い攻撃性能を持っているため、非常に受けられにくい並びを作ることができます。

 - ポケモン育成論 ,