ポケネタ速報

【ORAS】ゲンガー(さいみんじゅつ型)についての育成論

      2015/10/05

このゲンガーは「誰でも使いやすく、範囲重視」で育成しました。

その理由として、まずゲンガーの入手は困難ではなく、技構成も技マシンやレベルアップなので育成が簡単です。

更にはゲンガーの役割がサポート兼、全抜きも狙えるのでどのパーティにも入りやすく、使いやすい。

メガシンカをしていないのでメガガルーラに負けない。という点です。

また、ゲンガーが苦手で有名なポケモンとしてファイアローやバンギラスがいますが、気になるならきあいだまシャドーボールを入れるなり自分の合った技構成にできるのも一つの魅力になります。

後はバトルタワーで使っても大活躍してくれる事、間違いなしのゲンガーになっています。

ゲンガー:シャドーポケモン

94

タイプ:ゴースト・どく
性格:おくびょう
特性:ふゆう
持ち物:きあいのたすきorラムのみ

ゲンガーの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
60 65 60 130 75 110

性格について

メガシンカを使わない、いわゆる素の催眠型ゲンガーです。性格は最速安定によりおくびょうで確定。

持ち物について

持ち物ですがきあいのたすきが一番合いますが、身代わりを安定して貼れ、交代読みで状態技を打たれても一回回避できるラムのみも選択肢になります。

メガシンカをしない理由としてメガ枠節約+きあいのたすきによって高確率で安心して1:1交換の択を選べるため。

また、メガシンカをしてしまうと特性がふゆうでなくなるためじしんが当たるようになります。

ゲンガーだとスカーフ装備のガブリアスのじしんだったり地面技に繰り出し次ターンに身代わりなどの補助技を確実に打つことでアドバンテージを得るということも可能です。

努力値について

努力値は、CS振りで確定。ただ、みがわりを覚えているのならHPを調整するのもありです。

今回の技構成


タイプ 技名 威力 命中率
エスパー さいみんじゅつ 60
どく ヘドロばくだん 90 100
ゴースト みちづれ
ノーマル みがわり

さいみんじゅつ

命中率は60と相変わらず不安定ですが決まれば勝率がぐっと上がります。

ゲンガーはメガシンカせずともSが110あるのでゲンガーより遅いポケモンであれば相性が悪くて不利であってもさいみんじゅつを打てるだけで強みになります。

またメガガルーラとの対面になっても相手の不意打ち、噛み砕くに合わせて催眠術か身代わりがあるので勝率がぐっと上がるのが一番の魅力だと思います。

実際こちらのゲンガーには、メガシンカ読みでじしんを打ってきたり突っ張ってくることも多々あることからさいみんじゅつ+みがわりを持たせて正解。

ガルーラは相変わらず人気なので、ガルーラ対策になるだけでも採用をしてもいいくらいです。

ヘドロばくだん

これについても範囲重視で選びました。他にもシャドーボール、たたりめ、きあいだまという選択肢もあります。

しかし、まずは先程のメガガルーラ相手を想定しているためヘドロばくだんにしています。タイプ一致で倍のダメージを与えられるのでそこそこの打点は与えられます。

メガガルーラ対面では、例えば相手がふいうち、かみくだくを持っていた時にさいみんじゅつ、みがわりをできてもシャドーボールやたたりめのみではゲンガー自身何もできないので(交換するしかない。)ヘドロばくだんが安定と見ています。

またきあいだまでもどうあがいてもガルーラも1発では倒せない、命中が不安なのでおススメはしません。フェアリー相手に打点になるのも、ヘドロばくだんの強みです。

みちづれ

こだわりアイテム持ちや、フルアタッカーなど確実に1:1交換に持ち出せる便利な技。

みちづれを持っていることによって相手の択を減らすこともでき、一度見せることにより相手の状態異常技に合わせて身代わりも打てるため、みがわりとの相性はいいと思います。

相手のメガ枠と1:1交換できるだけでかなり有利になり、初心者でも使いやすい技だと思います。

みがわり

本当にさいみんじゅつやこのポケモンと相性がよくすごく便利な技です。

ゲンガーはSが高い分耐久が低いので電磁波などをよく受けるので回避でき、更に厄介なクレセリアやサンダーなどの耐久ポケモンにも有利になり、胞子持ちキノガッサにも勝つことが出来るので勝てる範囲がすごく広くなるのですごく優秀だと思います。

また、みがわりを貫通できる技はむしのさざめきやハイパーボイスなどがありますが、大半は特殊技でありゲンガーはほとんど半減できるのでまず耐える事ができる点からも相性がいいと思われます。

 - ポケモン育成論 , ,