ポケネタ速報

【ORAS】カイリュー (しんそく物理アタッカー型)についての育成論

      2016/05/24

しんそく使い、カイリュー育成論


《中耐久攻撃特化型》
 性格:いじっぱり。
 特性:マルチスケイル。
 努力値配分:HP252、攻撃252、素早さ6。
 技:しんそく、げきりん、ほのおのパンチ、じしん。
 持ち物:こだわりハチマキ。
 役割:フィニッシャー、物理アタッカー。

《概要》

カイリューは通称600族と呼ばれる強力なポケモンで、ドラゴンとひこうをタイプに持っています。600族と呼ばれるだけあり、種族値は高いです。特に攻撃は134となっており、非常に高い数値を誇っています。その他もHP91、防御95、特攻100、特防100、素早さ80と、平均以下の数値はないと言えます。ただ、現環境において素早さ種族値80という点は他の一流アタッカーに比べると見劣りします。

特性はせいしんりょくとマルチスケイルとなっていますが、この育成論では全く考察の余地なくマルチスケイルを採用します。耐久面での上積みが違います。覚える技は攻撃面では良質なものが揃っています。物理面がやや豊富ですが、特殊技もしっかりと覚えます。しかし、補助技は豊富とは言えません。

《技》

しんそく
威力80の先制ノーマル技です。優先度がプラス2となっており、一般的な他の先制技より優先的に発動します。この育成論の主役となる技です。

げきりん
威力120のドラゴン技です。こんらんデメリットがあり、フェアリータイプを後出しされると機能停止しますが、タイプ一致の高火力技なので採用します。

ほのおのパンチ
威力75のほのお技です。主に4倍弱点のはがねタイプを仮想敵としています。2倍弱点に対しても使うことはできますが、相手が耐久型だと2発圏内に入らないことも珍しくはありません。

じしん
威力100のじめん技です。ヒードラン程度しか仮想敵はいません。使いやすいという一点での採用です。

《性格》

いじっぱりです。タイプ不一致技であるしんそくの威力を高めるため、攻撃に妥協は許されません。

《持ち物》

こだわりハチマキを持たせます。行動制限のデメリットは大きいですが、初手から高火力の技が使えます。

《特性》

マルチスケイルです。HP満タン時に受けるダメージを半減するという凄まじい特性です。この特性のおかげで生半可な技で倒されることはありません。

《努力値配分》

HP252:極振りです。しんそくをメインで使用するため、アタッカーでありながら素早さがあまり必要となりません。そのため、耐久力強化による延命を優先します。

攻撃252:極振りです。性格補正と努力値極振りによりしんそくの威力を高めます。

素早さ6:無振り80族ミラー対策です。

《ダメージ》

被ダメージに関してはマルチスケイルのおかげで、連続技でない限りまず間違いなく等倍の技で倒されることはないと考えて問題ありません。2倍弱点でもかなりの確率で耐えてくれ、攻撃特化ガブリアスのげきりんでも59.5~70.2%のダメージです。4倍弱点でもタイプ不一致なら耐えてくれる可能性は高いです。特攻特化シャワーズのれいとうビームでも51.5~60.6%のダメージしか受けません。特攻特化メガユキノオーのふぶきでようやく106~125.2%のダメージです。

与ダメージに関してはこだわりハチマキを持たせた状態での目安を挙げます。しんそくでは無振りメガバシャーモに対し59.3~70.3%、無振りファイアローに対し66.6~78.4%のダメージと低耐久のポケモンであれば2発で倒すことができます。

げきりんではHP振りメガガルーラに81.1~96.2%、防御特化クレセリアに対し48~57.2%のダメージとなります。

ほのおのパンチでは特防特化メガハッサムに対し92.6~110.7%のダメージです。

じしんでは防御特化ヒードランに対して135%以上のダメージです。

《運用方法》

しんそくを使ったフィニッシャーとしての役割が最も大きいです。味方ポケモンが削ったところをこだわりハチマキ持ちのしんそくで一気に片付けていくという運用です。理想は味方のポケモンで相手のポケモンを複数体削った状態で投入することです。

その場合、しんそくを打つだけでかなり優勢に勝負が運びます。ただ、どんな場面であってもしんそくがある以上、役に立つ機会に恵まれていることがこのカイリューの強みです。体力が少し残った相手にしんそくを打ち、倒した後で交代し、次の相手に対して投入しまたしんそくを打つという運用も可能です。

また、局面によってはげきりん等で強行突破することもできます。しんそくが通らない相手にはその他の技を使うしかありません。そんな時もこだわりハチマキとマルチスケイルにより、十分戦うことができます。素早さに勝る場合は先手で高威力の技をたたき込めますし、仮に先手を取られても相手の攻撃を耐えた上で攻撃できます。上手くいけば二度、最低でも一度は行動を確保できるため、頼りがいは群を抜いています。

注意点は連続技と火力アップアイテムです。連続技にはマルチスケイルが潰されますし、火力アップアイテムにはマルチスケイルが貫通される可能性もあります。こちらの耐久を過信しすぎてはいけません。カイリューは恵まれた種族値に加え、しんそくという秀逸な技を使える優秀なポケモンです。パーティの要にうってつけと言えるでしょう。

 - ポケモン育成論