ポケネタ速報

【ORAS】ビビヨン(基本型)についての育成論

      2016/11/09

今回紹介するポケモンは「ビビヨン」です。
XYで登場した序盤むしタイプポケモンで、覚える技と特性の相性が良いため、序盤むしポケモンの中でもトップクラスの強さを持ちます。しかし、同世代に登場したファイアローの特性「はやてのつばさ」によって強さを発揮できず、あまり目立たないポケモンです。
今回は特性「ふくがん」を活かし、「ねむりごな」や「ぼうふう」といった命中率が低いものの強力な技を上手く使いながら戦うビビヨンの基本形を紹介したいと思います。

ビビヨン


タイプ…むし・ひこう
持ち物…たべのこし
性格…おくびょう
特性…ふくがん
努力値…B4、C252、S252
技…ぼうふう・ねむりごな・ちょうのまい・みがわり

【種族値】

ビビヨン
HP 80
攻撃 52
防御 50
特攻 90
特防 50
素早さ 89


【性格について】

「おくびょう」推奨です。むしタイプは炎や氷、岩などメジャーなタイプに弱く、ビビヨンは耐久系の種族値が低いため、攻撃を受けきることがほとんどできません。

そこでスピード重視にすることでその弱点を補います。そのため素早さが上がる性格を選択します。また、今回のビビヨンは物理攻撃技を持っていないため攻撃の下がる性格を選べばよいでしょう。

【持ち物について】

持ち物は「たべのこし」推奨です。性格の項目でも書いたように耐久力が全くありません。そこで使う技が「みがわり」です。これにより技をやり過ごすことが出来ます。

「みがわり」は使用するとHPが減ってしまうため、それを回復するために「たべのこし」を採用します。同じように回復系であり、よく使われる「オボンの実」では一度しか回復できないため、「みがわり」とは相性が良くありません。そのため今回は不採用とします。

【特性について】

「ふくがん」固定です。これにより技の命中率があがります。「ねむりごな」や「ぼうふう」といった強力であるものの命中率に不安を覚える技を有するビビヨンにはぴったりの特性です。

他にも「りんぷん」や「フレンドガード」という特性がありますが、「りんぷん」は相手からの状態異常を警戒するときに役に立ちますが、今回のビビヨンは「みがわり」を覚えているため不要、「フレンドガード」はダブルバトル以上の時にしか使えないため、シングルでの運用を想定している今回のビビヨンでは不要となります。

【努力値について】

先制特殊アタッカーですので素早さと特攻に全振りします。残りはどこでもよいですが、今回は防御に振っています。どこに振っても大して意味はありませんので適当で良いでしょう。

【技構成】

ぼうふう
低命中高威力技です。タイプ一致であるため威力は非常に高いものとなっています。特性「ふくがん」によって命中率の低さは補われているため使いやすい技になりました。「ちょうのまい」を積んでから使用すれば簡単には受けきれない威力を誇ります。

ねむりごな
低命中眠らせ技です。「ぼうふう」と同じく特性の「ふくがん」によって命中率の低さが軽減されています。この技を先手で使い、眠らせることが出来れば「みがわり」「ちょうのまい」を積むことが出来、戦局を有利に進めることが出来ます。

みがわり
ビビヨンの耐久力では相手の技に耐えるのはほぼ不可能なので、先制技や状態変化技の回避用として使用します。「ねむりごな」で相手を眠らせてから使うのがベターです。「食べ残し」のおかげで削られた体力は回復するので、うまくすれば何度でも発動することができます。

ちょうのまい
自分の能力値を跳ね上げる技です。最初に「ちょうのまい」を使ってしまうとそのターンにビビヨンが倒されてしまうため、「みがわり」を張ってから使います。そうすることでファイアローなどに交代されても安定して行動することが出来ます。

【ダメージ参与】

与ダメ
ぼうふう
H252マリルリ 42.5%~50.7%低乱2
耐久特化メガフシギバナ 51.3%~60.9%確2
H252ハッサム 56.7%~67.7%確2
無振りガブリアス 45.9%~54.6%乱2
無振りウォッシュロトム 28.0%~33.6%低乱3

被ダメ
A252マリルリ アクアジェット 47.0%~56.1%乱2
無振りウォッシュロトム ハイドロポンプ 71.6%~85.2%確2
A252ガブリアス げきりん 112.3%~132.3%確1
無振りラティオス りゅうせいぐん 101.3%~120.0%確1

【まとめ】

序盤むしポケモンの中ではトップクラスの力を持ち、似たような性能のバタフリーと比較しても素早さで優る、「ぼうふう」を覚えるなどの点で優れています。このビビヨンは基本的に相手のポケモンに素早さで勝っており、一発目の「ねむりごな」を当てることが出来ればほぼ確実に勝つことが出来ます。

最初に「ねむりごな」で相手を眠らせる。次に「みがわり」で状態異常回避と先制技でのダウンを防ぐ。そして「ちょうのまい」で能力を一気にあげる。

あとはタイプ一致、能力上昇、元々高威力の技である「ぼうふう」で相手を倒していくだけです。対面がファイアローの場合や、ガブリアスの場合、ヌメルゴンの場合などはまず勝てませんので退く方が良いでしょう。

素早さで優っており、先制攻撃をされることなく、「ねむりごな」が通じる相手にはほぼ確実に勝てますので、初心者から上級者まで扱いやすいポケモンです。

 - ポケモン育成論