ポケネタ速報

【ORAS】バシャーモ(いのちのたま型)についての育成論

      2016/09/27

今回はシングルバトルにおける「バシャーモ」の育成論です。

【バシャーモ】


タイプ:ほのお・かくとう
種族値:H80 A120 B70 C110 D70 S80
特性:もうか、かそく

バシャーモはルビーサファイアで登場した「ほのお・かくとうタイプ」のポケモンです。耐久の種族値は低めであるものの、攻撃面においてはタイプ・種族値どちらとも優秀であり、素では高くないSも夢特性「かそく」によってカバーできる強力なアタッカーポケモンとして猛威を振るっています。

XYでは種族値がさらに強化されたメガバシャーモも登場しましたが、今回ご紹介するのはメガシンカしないバシャーモの育成論です。

メガバシャーモでなくバシャーモを採用する利点としては、メガ枠を他のポケモンに回すことができ、メガガルーラ・メガゲンガーなどの強力なメガシンカポケモンと同時選出ができる点が最も大きいです。

また、メガバシャーモはA種族値が160と非常に高く、通常バシャーモと40もの差がありますが、C種族値に関しては130止まりで、通常バシャーモと20しか差がありません。

したがって、特殊メインのアタッカーとして運用する場合には、火力強化アイテムを持たせた通常バシャーモの方が高い火力を出しやすいと言えます。この2点を活かすことで、メガバシャーモにはできない役割を果たしつつ、様々なパーティで活躍が見込める強力なアタッカーとなります。

特性

かそく(毎ターンSが1段階上がる)

バシャーモの代名詞である強力な特性。バシャーモはS種族値が80と平均程度あるため、1ターン凌ぐだけでほとんどのポケモンを抜くことができ、2ターン目には「こだわりスカーフ」持ちや「りゅうのまい」などでSが1段階上がったポケモンも基本的に抜くことが可能となります。有名であるがゆえに読まれやすいですが、それでもなお強力な特性です。

性格

むじゃき(S↑ D↓)

1回加速した状態でメガゲンガーなどが位置する130族を抜けるSを確保したいので、Sに補正がかかる性格「むじゃき」とします。
特殊メインの両刀型にしたいため、この型では「おくびょう」「ようき」は選択肢に入りません。
S↑ B↓の「せっかち」にしない理由は、バシャーモにとって脅威となる先制技の多くが物理技であるため、それによるダメージをできるだけ軽減したいためです。

持ち物

いのちのたま(攻撃するたびにHPが1/10削れるが、威力が1.3倍になる)

火力強化アイテムがなければメガバシャーモに大きく火力差をつけられてしまうので、「いのちのたま」を持たせます。特殊メインの両刀型にしつつ「いのちのたま」を持たせることで、総合的な火力はメガバシャーモを上回ります。

技構成


オーバーヒート
タイプ:ほのお 威力:130 命中:90
効果:使用後にCが2段階下がる。

タイプ一致の高火力炎技。デメリットは痛いですが、火力面が非常に優秀な技であり、Cに努力値を割くことで環境に多いH252 D4振りのシールドフォルムギルガルドを確定1発で落とすことができます。

物理炎技の「フレアドライブ」を採用した場合、相手の「キングシールド」によってAを下げられてしまうことを意識しなければならないので、対ギルガルド性能を考えるのであれば最も優秀な技と言えます。

とびひざげり
タイプ:かくとう 威力:130 命中:90
効果:技を外すと、最大HPの半分の反動ダメージを受ける。

タイプ一致の格闘技。技を外してしまった際のデメリットは大きいですが、命中が90とそれなりに信頼できる数字であり、火力が非常に高いので強力なメインウェポンです。

特殊技の「きあいだま」は命中が70とメインウェポンにするにはかなり不安な数値である上、ハピナスやラッキーなど特殊耐久の高いポケモンに通りが悪いため、採用しにくいです。

めざめるパワー氷
タイプ:こおり 威力:60 命中:100
効果:通常攻撃技

メインウェポンとの相性補完に優れた技。ガブリアス、カイリュー、メガボーマンダ、ランドロス、グライオンなど物理技では突破が難しい相手に対して大ダメージを与えることができます。この技があることによって厄介な並びを崩す性能が高くなるので、是非採用したいです。

まもる
タイプ:ノーマル
効果:そのターンに受ける技を無効化する。連続で使うと失敗しやすくなる。

特性「かそく」を安全に発動させる技。読まれやすいものの、1度でも使えばほとんどのポケモンを抜くことが可能になりますし、この技がなければ立ち回りがかなり制限されてしまうので確定技です。

その他にも「ねこだまし」を防いだり、こちらにとって不利な天候やトリックルームのターンを消費させることができるので、汎用性が高いです。

努力値配分


努力値:A172 C156 S180
個体値:30-31-30-31-31-31(めざめるパワー氷理想個体)

両刀アタッカーとして採用したいため、ACSに振り分けます。Sを1加速で最速メガゲンガー抜きまで振り、CはH252 D4振りギルガルドを「オーバーヒート」で確定1発調整、余りを全てAに振ります。

運用方法


バシャーモの強みは、高火力・広範囲による突破性能にあります。とはいえ、序盤にはバシャーモを安定して受けることができるポケモンを呼びやすいので、相手全体が消耗してきた中盤以降に繰り出すことで最も真価を発揮します。

序盤にはバシャーモ以外の2体でサイクルを回して、相手全体のHPをできるだけ削っておくことで、中盤以降にバシャーモで全抜きがしやすくなります。

バシャーモと相性が良いポケモンは「化身ボルトロス」です。


バシャーモが苦手なスイクン、マリルリ、ファイアローなどに強く、特性「いたずらごころ」と一貫性の高い攻撃技による高い単体性能を持っているので、バシャーモと合わせて多くの相手に通用する並びとなります。

 - ポケモン育成論