ポケネタ速報

【ORAS】メガメタグロスについての育成論

      2016/05/30

高速物理アタッカー、メガメタグロス育成論


《最速攻撃準特化型》
 性格:ようき。
 特性:かたいツメ(メタグロスの時はクリアボディ)。
 努力値配分:HP6、攻撃252、素早さ252。
 技:コメットパンチ、バレットパンチ、しねんのずつき、れいとうパンチ。
 持ち物:メタグロスナイト。
 役割:物理アタッカー。

《概要》

メガメタグロスは通称600族と呼ばれる強力なポケモン、メタグロスがメガシンカした姿です。タイプははがねとエスパーになります。

種族値はかなり高いと言えます。攻撃145、防御150、と物理面はポケモン界トップクラスで、特殊面でも特攻105、特防110と三桁の数値が並びます。さらにメタグロスの時には70と決して高くはなかった素早さも110と一気に高速ポケモンの仲間入りをするほどに跳ね上がりました。また、唯一100を超えていないHPの種族値も80あり、低くはありません。

特性は直接攻撃の威力が上がるかたいツメです。無条件で威力が上がる特性なので使い勝手に優れます。覚える技に関しては物理攻撃に偏っていると言えます。ただ、タイプを豊富に揃えているので便利です。補助技についてはいくつか有用なものが使えるので、決して攻撃一色のポケモンではありません。

《技》

コメットパンチ
威力90のはがね技です。タイプ一致技ですが、命中率が90とやや不安があります。攻撃が上がる追加効果が発動すればしめたものです。

バレットパンチ
威力40の先制はがね技です。コメットパンチとタイプが被りますが、先制技枠として採用します。特性の効果もあり、馬鹿にできない火力を誇ります。

ねんのずつき
威力80のエスパー技です。タイプ一致ですが、この技もまた命中に不安を持っています。メガメタグロスは素早さが高いので追加効果のひるみも狙うことができます

れいとうパンチ
威力75のこおり技で、サブウェポンとして採用します。仮想敵はドラゴンタイプです。アームハンマーやじしん、いわなだれなどとの選択になります。

《性格》

ようきを採用します。110という素早さ種族値を最大に活かすためです。

《持ち物》

メガシンカポケモンなので、メタグロスナイトを持たせます。

《特性》

かたいツメです。直接攻撃の威力が上がるという特性で、上記の採用技は全てこの特性の効果を受けます。そのため、実際の攻撃数値よりも高い火力を叩き出してくれます。また、メタグロスの時はクリアボディを採用します。相手に能力を下げられないという特性で、いかくの無効化がありがたいです。

《努力値配分》

HP6:余りは耐久に回します。

攻撃252:極振りします。物理アタッカーであること、攻撃に補正をかけていないことから火力は必須と考えます。

素早さ:極振りします。最速ガブリアス抜きなどに調整しても使えますが、110族ミラーまで意識して最速を取ります。

《ダメージ》

被ダメージの目安として物理面は攻撃準特化ガブリアスのじしんで78.2~93.5%のダメージ、攻撃特化ファイアローのフレアドライブで74.3~89.7のダメージを受けます。特殊面は無振りメガゲンガーのシャドーボールで85.8~101.2%のダメージ、特攻特化サザンドラのあくのはどうで85.8~103.8%のダメージとなります。耐久面に努力値を振らなくても持ち前の種族値で比較的高耐久だと評価できます

与ダメージについては全てかたいツメ込みで考察します。コメットパンチは無振りメガバンギラスに86.8~104%、しんかのきせき持ちHP振りポリゴン2に41.1~48.9%のダメージです。

バレットパンチはコメットパンチの約44%の威力です。
しねんのずつきは防御特化サンダーに39.5~47.2%、防御特化メガフシギバナに64.1~77%のダメージです。
れいとうパンチはHP振りのカイリューに対し、マルチスケイル込みで63.6~75.7%のダメージです。

《運用方法》

積み技、補助技を持っていないため、一般的なアタッカーとして運用していきます。先鋒として投入し、一気に相手のポケモンを倒していく方法、あるいは相性のいいポケモンに対し投入していき押し切る方法、アタッカーとして優れた種族値を持つため、基本的に活躍の場所は選びません。

素早さも高く、多くのポケモンに対して先手を取ることができる点も対アタッカーとして優秀です。また、メタグロスの状態でクリアボディを使い、いかくを逸らす運用やバレットパンチでフィニッシャーとしての役割を持つこともできます。

注意点としては苦手な相手や明らかに突破できそうにない相手に対しては潔く退いた方がいいということです。積み技や補助技を搭載していないので押し続けると起点にされてしまいます。

また、今作からはゴーストとあくタイプが弱点になってしまった点も見逃してはいけません。思わぬ技で落とされないよう、注意が必要です。メガメタグロスは純粋に強いです。攻撃力が高く、速く、耐久面にも恵まれた非常に使いやすいポケモンとなっています。

 - ポケモン育成論