ポケネタ速報

【ORAS】メガピジョット(特殊アタッカー)についての育成論

      2016/09/01

今回紹介するのは「メガピジョット」です。初代序盤鳥ポケモンであり、今でも人気のあるポケモンです。しかし、対戦で使えるほど強いわけではなく、対戦で使う人はほとんどいませんでした。しかし今世代においてメガシンカを入手し、素早さと特攻が上昇しました。

それにより、特殊アタッカーとして活躍できる可能性を得ました。メガピジョットが使えるようになった理由は種族値の上昇だけでなく、特性「ノーガード」を得たことにもあります。この特性により、威力が高く、混乱状態にできる、その代わりに命中率が低かった技「ぼうふう」が必中になりました。元々高威力の技がタイプ一致でさらに威力が上がり、メガピジョットは自身のバトルスタイルを獲得したのです。今回はそんな「メガピジョット」の育成論になります。

【メガピジョット】


タイプ…ノーマル・ひこう
持ち物…ピジョットナイト
性格…おくびょう
特性…ノーガード
努力値…H4、C252、S252
技…ぼうふう、ねっぷう、はかいこうせん、まもる

種族値 
ピジョット メガピジョット
HP 83 83
攻撃  80 80
防御 75 80
特攻 70 135
特防 70 80
素早さ 101 121


性格について

おくびょう」が基本になります。素早さ種族値120のポケモンは多く、メガピジョットは121と僅か1しか差がないため、素早さの上がる性格を採用しなければ素早さ負けしてしまうことがあります。物理攻撃は今回採用しないので、攻撃力が下がり、素早さが上がる性格で「おくびょう」をお勧めします。

持ち物について

今回はメガピジョットの育成論ですので、メガシンカするために必要な「ピジョットナイト」で確定です。それ以外の持ち物ではメガシンカできません。

特性について

ピジョットの特性はなんでも構いません。1ターン目にメガシンカしてしまうため特にピジョットの性格に拘る必要性がないのです。また、メガシンカ後は「ノーガード」以外の選択肢がそもそも存在しません。

「ノーガード」は自身と相手の技が必中になるというものです。この特性のおかげで技は高威力で命中率の低い技を中心に選ぶことが出来ます。ただし、相手の技も必中になるという点を忘れてはいけません。「絶対零度」をはじめとした一撃必殺技が確実に当たるようになってしまいます。

努力値について

特攻メインの型なので、特攻に努力値を全振りします。また、前述したように素早さ種族値120のポケモンが多く、メガピジョットは121と1しか上回っていません。さらに性格を「おくびょう」にしているポケモンも多いため、絶対に抜かれないようにするには素早さに努力値を全振りします。残りはHPに振っておけば特段問題はないでしょう。

技構成

ぼうふう
今回のピジョットのメイン技です。相性が悪い相手以外は全てこの技で攻めましょう。威力110に対して命中率70と当たる確率が低いです。しかし、特性「ノーガード」のの影響により必中状態でこの技を当てることが出来ます。タイプ一致なこともあり、威力十分な技になります。

ねっぷう
「ぼうふう」の通りにくい相手に対して使います。特にはがねタイプのポケモンに有効となります。ただし、耐久力高めのはがねタイプを、タイプ不一致で、威力95の「ねっぷう」で倒しきるのはかなり厳しいと思われます。あくまでも戦うしかない場合に使うようにします。

はかいこうせん
威力150、命中90の高威力技です。反動があり動けなくなるため、自分が倒れると思われるターンに使うことで、特性「ノーガード」の影響もあり、確実に大ダメージを与えてから去ることが出来ます。タイプ一致技でもありますので、かなり破壊力がある技となっています。

まもる
「ねこだまし」をはじめとした技を防ぎ、なおかつ安全にメガシンカするための技となります。メガシンカする前は素早さ種族値が低いので、せっかくメガシンカしてもそのターンに倒されてしまう場合があります。それを防ぎ、安全なメガシンカを保障する技です。

ダメージ参与

基本は「ぼうふう」で攻め続け、不利なタイプなら「ねっぷう」、散り際には「はかいこうせん」というものです。どの技がどのポケモンに有効なのかの把握は重要です。また、散り際を見極めるためにもメジャーなポケモンの一撃がどこまでダメージになるのかも把握しておく方が賢明です。

与ダメ
ぼうふう
H252ファイアロー 70%~83%確2
無振りガブリアス 60%~72%確2
H252メガフシギバナ 89%~105% 低乱1

ねっぷう
H252メガボスゴドラ 76%~90%確2
H252メガハガネール 63%~75%確2
無振りメガハッサム 154%~184%確1
H252メガフシギバナ 25%~31%確4

はかいこうせん
H252ファイアロー 96%~113%乱1
無振りガブリアス 82%~97%確2
H252メガフシギバナ 60%~72%確2

被ダメ
A特化鉢巻ハッサム バレットパンチ 64%~75.4%確2
A252メガボーマンダ すてみタックル 108%~128%確1
C特化メガフシギバナ ヘドロばくだん 61%~73%確2
C特化ギルガルド ラスターカノン 63%~74%確2

まとめ

ほぼ「ぼうふう」と「ねっぷう」で倒すことが出来ます。ただし、一撃では倒しきれない場合も多く、メガピジョットは種族値の上昇が耐久面に振られていないため、相手によっては一撃で倒されてしまいます。

攻撃や特攻に全振りしているポケモンの技、効果抜群の技は出来る限り受けないようにしましょう。効果抜群を叩き込めるとき、お互いに効果抜群の技がない時には活躍することが出来ます。

 - ポケモン育成論