ポケネタ速報

【ORAS】メガスピアー(サイクル意識型)についての育成論

      2016/11/13

第一世代から序盤に手に入るスピア―が第六世代になり、メガシンカを手に入れました。耐性はフェアリー、虫、毒を半減、かくとう、草を1/4で受けることが出来ます。しかし飛行、炎、エスパー、岩というサブウエポンとして搭載しされるようなタイプで抜群を取られてしまうため、耐性的に優れているとは言えません。しかしそれを補う火力とスピードが売りのポケモンです。

メガ進化時にAが60、Sが70という異常な上昇値です。代わりにCが30も下げられ、進化前であるビードルより低くなるというピーキーな調整にされています。このメガシンカの種族値により、今までレートで日の目に当たることの無かったスピア―を第一線に引き上げられています。そしてメガ進化時の特性も「てきおうりょく」という攻撃的な特性に変わり、どく、むしというタイプ的に威力が低い技が多い部分を補ってくれます。

種族値を見ると上記で述べたように、実際に使用することの無いCが下げられ、ASが突出して高くなっています。Dもそこまで低くはないのですが、Hがかなり低く、さらにBに至っては壊滅的です。典型的な高速火力紙耐性なポケモンです。

メガ進化のタイミングは、一撃を受けてしまうとそれだけで倒されてしまう程の防御力なので、必ず「まもる」を使用するか、もしくは相手よりも確実に先制する事が出来ると確信したときのみ攻撃技を選択していきます。役割対象として、相手を上から1撃で倒し切るか「とんぼかえり」を使用して一方的に攻撃を加えて自分は逃げて相手に負担をかけていく事が主な役割になります。

タイプ一致高火力技を覚える事が出来ないので、一撃で倒し切ることは難しく、後者の使い方になる事が多いです。またギャンブラーな使用者であれば、タイプ一致最高威力125「ミサイルばり」でガンガン攻めていくという選択肢もあります。

高火力先制技持ちと対峙した場合は、攻撃技を選択せずに手持ちのポケモンと交代することをお勧めします。ハッサムのバレットパンチや、メガクチートのふいうち等、それだけで一撃で倒されてしまうので注意してください。またパーティーでの運用を考えると、メガスピアーの戦い方として、受け耐性が強いポケモンと組ませてあげると安定してきます。

少し火力が低くても、一撃はメガスピア―が与えているので気にせずに使用していけます。メガスピアーが誘うタイプの技を無効か半減に出来、かつ高耐性なウォッシュロトムやサンダー、ギルガルドなどが相性が良いです。特にギルガルドはメガスピアーが弱点とするエスパー、飛行、岩を半減で受けられ、且つよく誘う先制技の殆んどを半減出来るためオススメです。

超高速超火力で相手を掻き回しながら負担をかけていく、メガスピアーを1度使用してみては如何でしょうか?

スピアー:どくばちポケモン

3277f38862a7b51814d28378

タイプ:むし・どく
性格:ようき
特性:むしのしらせ/てきおうりょく(メガシンカ)
持ち物:スピアーナイト

スピアーの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
65 90 40 45 80 75

メガスピアー

556a12c7d68e8602022ccdf0d89adb0e
メガスピアーの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
65 150 40 15 80 145

性格について

一撃受けてしまうと致命傷になります。そのため出来るだけ先制して攻撃を加えていきたいので、すばやさが上がるようきで確定です。

持ち物について

メガシンカの育成論なので、持ち物はメガストーンであるスピアーナイトで確定です。

努力値について

振り分けはH20 A252 B20 D36 S180

最大火力が欲しいのでAにブッパは確定です。Sなのですが、ブッパしても構いませんがもともとの種族値も高く、また性格補正も入りますので少々勿体ない場合があります。

その為仮想敵として、最速メガミミロップを抜けるように調節しています。そして鉢巻マリルリのアクアジェットを1発耐える調整を行っています。

今回の技構成


タイプ 技名 威力 命中率
ノーマル とんぼかえし 70 100
ノーマル まもる 80
どく どくづき 80 85
じめん ドリルライナー 80 95

とんぼがえり

むしタイプのタイプ一致メインウエポンです。素の威力は70と低いですが「てきおうりょく」が適応され、威力140になります。

さらに攻撃後、手持ちのポケモンと入れ替える事が出来、受けるはずだった攻撃を後続のポケモンに肩代わりして貰うことが出来るメガスピアーととても相性がいい技です。

まもる

必ず先制して1ターン相手の攻撃技を無効にします。元々の素早さは高くはないので、安全にメガシンカするために使用していきます。

基本的にはガンガン相手のHPを削っていく事が役割のポケモンなので、あまり多用はしていきません。

どくづき

安定したタイプ一致技になります。こちらも「てきおうりょく」が適応され、威力160になります。フェアリータイプに効果抜群を取れます。

ドリルライナー

この枠は選択技になりますが、メガスピアーを狩りに来た炎タイプのポケモンや鋼タイプ、でんきタイプのポケモンなどに使用出来るこの技が使い勝手が良いため、お勧めします。

ただしどうしてもゲンガーを狩りたい場合は、「はたきおとす」という選択肢もあります。

ダメージ参考

とんぼがえり

B4ガブリアス   ⇒ 確定2発
H252メガボーマンダ ⇒ 乱数5発(21.2)
ギルガルド   ⇒ 乱数8発(11.8)
B4メガガルーラ  ⇒ 確定2発
B4メガギャラドス    ⇒ 乱数1発(81.3)
H252クレセリア    ⇒ 確定2発
メガミミロップ    ⇒ 確定3発
H252ゲッコウガ    ⇒ 確定1発

どくづき

H252マリルリ    ⇒ 確定1発

ドリルライナー

H252メガバシャーモ ⇒ 確定2発
メガゲンガー  ⇒ 乱数1発(37.5)



 - ポケモン育成論 ,