ポケネタ速報

【ORAS】カットロトムについての育成論

      2016/04/21

【カットロトム】


種族値 H50-A65-B107-C105-D107-S86

優秀な耐久と役割遂行に十分なC、そして85族(スイクン、クレセリア等)を1だけ上回る絶妙なSなど、フォルムチェンジにより1パーティ1ロトムと言っても過言ではないレベルで浸透したポケモンです。そんなロトムの中では耐性がピーキーで比較的扱いづらく、個体数が少ないのがこちらカットロトム。

汎用性に秀でるウォッシュロトムを切ってまで使う必要はないと言われていますが、こちらはヒートロトムのオーバーヒートと並んで威力130技であるリーフストームを習得できるのが強みです。また、第六世代から電気タイプは麻痺しなくなり、草タイプには粉技が通用しなくなりました。

カットロトムは両方の恩恵を受けることができ、ダメージではなく搦め手に対して強い後出し性能を持つことになります。今回はシングルにおけるカットロトムを考察していきます。

運用


他のロトムとは決定的に異なるポイントとして、ラムを持たなくても粉技読みで繰り出せるということが上げられます。ただ、それだけでは他の草ポケモンでもできることなので、メジャーな草ポケとの差別化が重要になります。

特筆すべきは、草タイプの恩恵で地面タイプを誘わないため、非常にボルトチェンジが決めやすいという点ではないでしょうか。そのため、今回は眼鏡ボルチェンで負担をかけながら、隙あらばリーフストームで刈り取りにいく型にしたいと思います。

性格、努力値、特性、持ち物


性格


耐性、耐久ともに余裕があるポケモンではないため、可能なかぎり先制を取りたいところです。そのため今回はS↑A↓の「おくびょう」型とします。環境に増えたマンムーを含む80族、ギャラドスなどの81族、HSスイクン等の85族を抜ける恩恵は大きいです。つまり、仮想敵はこのあたりのポケモンということになります。

努力値

H28 A- B4 C252 D4 S220

H:たまたま10n-1になったので珠持ちにも替えられる便利数値。
HB:A特化ハチマキギャラドスの氷のキバ乱数1(86.8%~103.8%) A252テクニガッサのマッパ確定3(37.9%~44.9%) A特化アローの珠ブレバ確定2(78.2%~93.7%)
HD:C152メガネ霊獣ボルトロスのめざパ氷確定2(75.9%~89.9%) 無振クレセリアのれいビ確定3(40.3%~48%)
C:思考停止全振。
S:81族抜き調整。

Cはとにかく負担をかけていくためぶっぱとします。Sはぶっぱとの選択になりますが、最速スイクンや最速クレセリアが環境に全くいないことを考えれば、81族抜きで十分と思われます。心配な場合はHから割いてSに振ってください。

特性

ふゆう」しかありませんが、優秀な特性です。他のロトムほど恩恵はありませんが、裏を返せば特性「かたやぶり」に比較的抵抗力があるということにもなります。

持ち物

負担重視のため今回は「こだわりメガネ」前提とします。珠でもスイクンやメガギャラドス、マンムーなど役割対象には(チョッキでさえなければ)十分確一を狙えますが、そちらは別の育成論になりますね。


確定技
リーフストーム、ボルトチェンジ

リーフストーム
ヒートロトムのオーバーヒートと同じ指数ですが、こちらは刺さる対象ががらりと変わります。タイプで受けにきた霊獣ボルトをC半減込で中乱数1にする鬼のような指数です。

ボルトチェンジ
こだわりポケモンにはやはりこれ。水ロトムと同じく地面を呼ばないため使い勝手がいいです。こちらはブルンゲル等のちょすいポケも呼びません。その代わり(滅多にいませんが)そうしょくポケが出てきたりします。

選択技
10まんボルト、めざめるパワー(炎)、おにび、トリック

10まんボルト
命中安定のウェポンですが、ボルトチェンジの優先度が高いため選択技です。あまり使うことはありません。

めざめるパワー(炎)※
受けにくる草ポケに。個体数は減ったもののナットレイやハッサムに刺さります。優先度やや高め。

おにび
体感ですが、なぜか他のロトムよりも警戒されないため交代読みで刺しやすいです。物理ポケの機能停止に。優先度高め。

トリック
こちらも交代読みで積みポケ(特に物理)や受けポケの機能停止に。こちらは比較的読まれるのかメガ枠(特にフシギバナ)が出てくることが多いです。優先度低め。

※めざめるパワー(炎)個体の場合は個体値を31-偶数-31-30-31-30とし、努力値をH28 A- B4 C248 D4 S224としてください。

[リーフストーム]
H252(207-135)スイクン確定1(122.7%~145.8%)
無振(170-135)メガギャラドス確定1(135.2%~160%)
H124D220(201-108)チョッキマンムー確定1(105.4%~125.3%)※恐らくレートにいるチョッキマンムーで一番硬い型
D4(183-105)ガブリアス中低乱数1(88.5%~104.9%)
H104(167-100)霊獣ボルトロス確定2(51.4%~61%)
H252(227-150)クレセリア確定2(50.6%~59.9%)

[ボルトチェンジ]
H52D4(173-121)カイリュー乱数2(43.9%~52.6%)
H252(227-150)クレセリア確定4(27.7%~33%)
H252(187)フシギバナ確定5(20.8%~24.5%)
H104(167-100)霊獣ボルトロス確定2(55.6%~66.4%)
H148D100(209-108)エンテイ確定3(41.6%~49.2%)

[めざめるパワー炎]
H252(181-136)ナットレイ低乱数1(86.1%~103.8%)
H252(177-100)ハッサム確定1(119.7%~142.3%)
H252(221-100)モロバレル中高乱数2(47.9%~57%)
無振(135-80)キノガッサ超高乱数1(99.2%~117%)


相方候補


ゴーグルor弱点保険ギルガルド


メガフシギバナが非常によく出てくるため、低下力のめざ炎やじしんを弱点保険の肥やしにするか、交代読みの粉をゴーグルで受けて剣の舞を使うなどの起点にできます。

ヒードラン


カットロトムの弱点である炎、氷、虫、毒の全てに耐性を持ち、相性補完に優れます。カットロトムを受けにきた草にボルチェンを決めて降臨できればかなり優位に立てます。

 - ポケモン育成論