ポケネタ速報

【ORAS】ムクホーク(物理アタッカー型)についての育成論

      2016/06/18

高速アタッカー、ムクホーク育成論


《最速攻撃準特化型》
 性格:ようき。
 特性:すてみ。
 努力値配分:HP6、攻撃252、素早さ252。
 技:ブレイブバード、すてみタックル、インファイト、でんこうせっか。
 持ち物:こだわりハチマキ。
 役割:物理アタッカー。

《概要》

ムクホークは各シリーズで登場する序盤で手に入る鳥ポケモンの一匹で、ノーマルとひこうをタイプに持ちます。種族値は攻撃と素早さが高く、それぞれ120と100です。しかし、その他の数値はHPが85と平均値ですが、それ以外は防御70、特攻50、特防60となっており低めです。総じて見ると、やはり高種族値とは言えません。

特性はいかくとすてみがあり、どちらも非常に有力です。この育成論ではより攻撃面で威力を発揮するすてみを採用します。技に関しては物理攻撃面に偏っていると言えます。種族値面からもわかる通り、特殊攻撃技はほぼ使えません。補助技も多少使うことはできますが、サポート役に回れるほど豊富ではありません。

《技》

ブレイブバード
威力120のひこう技です。反動ダメージが痛いですが、特性の効果を受けるため、威力は申し分ありません。

すてみタックル
威力120のノーマル技です。この技も反動ダメージがありますが、ブレイブバードと同じく特性の効果を受けます。

インファイト
威力120のかくとう技です。上記二つの技が通りにくいタイプ、主にいわやはがねタイプに打っていきます。補完関係に優れる必須のサブウェポンです。この技もデメリットがあり、使用後、防御と特防が下がります。

でんこうせっか
威力40のノーマルタイプ先制技です。とんぼがえりなどとの選択になりますが、タイプ一致の先制技という一点で採用です。

《性格》

ようきを採用します。素早さ種族値が100という激戦区に位置しているため、最速にすることでできるだけ先手を取れるようにしておきたいです。

《持ち物》

こだわりハチマキです。攻撃種族値は120あり、技の威力も高いですが、火力アップのために持たせます。耐久面での不安や技のデメリットを考え、できるだけ相手を一撃で倒したいことが採用理由です。

《特性》

すてみです。反動でダメージを受ける技の威力が上がるという特性で、この育成論ではブレイブバードとすてみタックルが対象になります。

《努力値配分》

HP6:余りは無難にHP振りです。

攻撃252:反動ダメージや耐久ダウンなど技のデメリットが大きい育成論なので、耐久調整はせず、極振りです。

素早さ252:種族値100ということもあり、同速を意識し、最速にします。

《ダメージ》

被ダメージについては考察しません。元々耐久には秀でておらず、相手の攻撃を2発以上耐えることは期待できません。また、技使用によってHPが減ったり、耐久力が低下したりするため、あまり考察の意味がありません。与ダメージに関しては特性すてみ、こだわりハチマキ込みの状態で目安の数字を挙げます。

ブレイブバードはHP振りメガハッサムに対し74.5~88.1%、無振りガブリアスに対して100~118%のダメージを与えることができます。すてみタックルはHP振りサンダーに対して101~119.2%、防御特化ウォッシュロトムに対して76.4~90.4%のダメージです。

インファイトはメガバンギラスに対して102.4~121.7%、HP振りヒードランに対して93.9~111.1%のダメージとなります。でんこうせっかは無振りガブリアスに対して27.8~33.3%です。

《運用方法》

積み技がないこと、こだわりハチマキによって行動が大幅に制限されること、技のデメリットのせいで短命なことから基本的には延命を考えず、ひたすら攻撃してできるだけ多くの相手を倒すことを目的とするアタッカーとして運用します。

こだわりハチマキと特性すてみにより、攻撃力は非常に高くなっているため、等倍以上であれば、生半可な耐久力の相手は一撃で沈めることができます。反動ダメージにより、長生きはできませんが、自分より遅い相手に対してはどんどん攻めていきます。全抜きを意識すると言うよりは目の前の一体を倒すことを重視します。

また、限定的な運用方法としてでんこうせっかによるフィニッシャーとしての役割も持つことができます。本来は威力の低いでんこうせっかですが、タイプ一致とこだわりハチマキによって馬鹿にできない火力を誇ります。

注意点は素早さと耐久面です。他の強力な高速アタッカーがムクホークより速いということはそう珍しいことではありません。その場合は大人しく退くことをおすすめします。ムクホークの耐久力ではアタッカーの攻撃どころか、耐久型に育成されたポケモンのタイプ一致技でもかなりのダメージを与えられてしまいます。

ムクホークは手に入りやすく、育てやすいポケモンです。かなり攻撃に偏った種族値から使い方もシンプルなので、アタッカーとしておすすめの一匹です。

 - ポケモン育成論