ポケネタ速報

テラキオン(物理アタッカー型)についての育成論

      2016/05/26

物理アタッカー、テラキオン育成論


《最速攻撃準特化型》
 性格:ようき。
 特性:せいぎのこころ。
 努力値配分:HP6、攻撃252、素早さ252。
 技:インファイト、ストーンエッジ、じしん、つるぎのまい。
 持ち物:きあいのタスキ。
 役割:物理アタッカー。

《概要》

テラキオンはいわとかくとうの二つをタイプに持つ唯一のポケモンで、通称準伝説と呼ばれています。準伝説だけあって種族値は比較的高く、攻撃が129、素早さが108となっています。それ以外もHP91、防御90、特攻72、特防90とテラキオンとしては不要とも言える特攻を除けば平均以上の数値だと言えます。

特性はせいぎのこころで、あくタイプの技を受けると攻撃が上がります。技の種類に関しては決して豊富とは言えません。ただ、押さえる部分は押さえている、といった印象で攻撃、補助技、ともに有用な技を覚えます。

《技》

インファイト
威力120のかくとう技です。メインウェポンになりますが、使用後耐久がダウンします。しかし、きあいのタスキを持たせているため、あってないようなデメリットと言えます。

ストーンエッジ
威力100のいわ技です。タイプ一致技ですが、命中に難があります。インファイトとのタイプ相性がよく、この二つの技でかなり多くの相手から等倍以上を取ることができます。

じしん
上記二つのタイプをさらに補完するサブウェポンで、威力100のじめん技です。安定した技で使いやすいです。

つるぎのまい
自身の攻撃を上げる補助技です。ステルスロックやちょうはつなども選択肢に入る技ですが、この育成論では全抜きの可能性を残すためつるぎのまいを選択します。耐久面からも使用機会にはさほど恵まれないため、使うタイミングが非常に重要です。交換のタイミングや補助技の隙など、安易に使わず機を見計らって使用していくのが吉です。

《性格》

ようきです。素早さ種族値108という微妙かつ絶妙な数値を活かす選択です。

《持ち物》

きあいのタスキを持たせます。テラキオンは決して低耐久というわけではありませんが、ここでは行動回数を稼ぎ、より長い時間稼働してもらうためにきあいのタスキを採用します。きあいのタスキがあることで最後まで勝ち筋を残すことができます。

《特性》

あくタイプの技を受けると攻撃が上がるせいぎのこころです。あまり活躍の場面はありませんが、厄介な技であるふいうち対策になります。

《努力値配分》

HP6:余りはHPにでも防御にでも好きなところに振ります。きあいのタスキを持たせるためそれほど重要ではありません。

攻撃252:ここは極振りします。攻撃補正をかけていませんし、アタッカーですから妥協はしません。

素早さ252:極振りです。耐久をきあいのタスキに一任しているため、安心して振ります。

《ダメージ》

被ダメージについては考察しません。きあいのタスキにより、一撃で落とされることがないからです。加えて、インファイトのデメリットなどもあり、相手の攻撃を2発以上耐えることを想定していません。

与ダメージに関してはインファイトでHP振りメガガルーラに96.2~114.1%、しんかのきせき持ち防御特化ポリゴン2に対して54.1~65.6%のダメージとなります。ストーンエッジではいかくこみの無振りメガボーマンダに54.1~64.7%、HP振りメガゲンガーに対して61~72.4%のダメージです。じしんではHP振りギルガルドシールドフォルムに47.9~57.4%、無振りメガエルレイドに対して41.9~49.6%のダメージです。


《運用方法》

シンプルなアタッカーとして運用します。基本的には高い素早さから繰り出す高火力技で相手を倒し、あわよくば2体倒せたらありがたい、といった運用方法です。

先手を取って一撃で倒せた場合、きあいのタスキを温存できるので2体目を倒せる公算が高まりますし、きあいのタスキを使った状態で相手を倒した場合でも、テラキオンは素早さが高いため2体目に一撃を与えてから退場する可能性が生まれます。より多くの相手により多くの技を当てることがテラキオンの仕事です。

また、タイミング良くつるぎのまいを使用できれば抜き性能に磨きがかかり、一撃で倒せる範囲がぐっと広がり、素早さで上回り続ければ全抜きも視野に入ってきます。

運用のポイントはステルスロックやゴツゴツメット、連続技などのタスキ潰しに注意しなければならない点です。他にもきあいのタスキで残った状態で先制技持ちのポケモンと対面した場合の行動にも注意が必要です。せっかく生き残ったことが無駄にならない選択をしなければいけません。さらに、状態異常のやけどやまひにも気をつけなければなりません。アタッカーとしての機能が大きく削がれてしまいます。

テラキオンは癖もなく、高速高火力アタッカーとして使いやすいポケモンです。環境に左右されにくく、いつも安定して力を発揮してくれるタイプの優等生的なアタッカーだと言えます。

 - ポケモン育成論