ポケネタ速報

【ORAS】パルシェン(スキルリンク+からをやぶる)についての育成論

   

パルシェンは、の初代から登場している見た目通りの鉄壁なポケモンです。

DP世代までは、マイナーポケモンとしてあまり対戦環境にて使われている所を見る事が多くなく、ほとんどが物理受けとして採用をされていましたが、Hは低めでタイプ的にも役割がなく評価も低いポケモンでしたが、BW世代にて夢特性スキルリンクに積み技のからをやぶるの登場により一気に環境トップクラスへと進化しました。

スキルリンク+おうじゃのしるしによって高確率で怯ませて不利な相手でもごり押しが可能になった事と、連続技を使える事に加えてからをやぶるで全抜きが可能になった事によってエースの役割を持てるようになりましたが、Bが180と物理アタッカーには充分強いので後出しができるので活躍を見込めます。

ただ今回はハイドロポンプを役割破壊として採用した両刀型にしました。理由としてはからをやぶるにてCもせっかく上昇するのがもったいなくてエアームドなどの物理受けで止まってしまう事も少なくなく腐ってしまいがちなので両刀にして範囲を広げて全抜き性能を高めたい、という事から採用しました。

ハイドロポンプがあれば普段相手をするのが厳しかったエアームドやヒードランなどに勝てるのが大きく、読まれにくいのでとても重宝する魅力的な火力を持つ事ができます。種族値は決して高くはないですが、それでもいわゆる「厨ポケ」とされている原因はやはり特性とからをやぶるの存在でしょう。

Bがかなりの高さを持つので、ほとんどの物理アタッカーに繰り出して積むことができるので、積めればよっぽど相性が悪くなければ大体2体は持っていけると思います。

ただタイプ範囲が狭くみず・こおり・いわしかないので選出時には気を付けましょう。安易に積んでしまうと腐ってしまう可能性があるので注意です。

物理に対して積んでエースとなって、物理受けにはCが2段階上昇のハイドロポンプ、不利な相手には怯み狙いで運ゲーに持ち込める無双ができるこのパルシェン、1度使ってみてはいかかでしょうか。

パルシェン:2まいがいポケモン

091

タイプ:みず・こおり
性格:やんちゃ
特性:スキルリンク
持ち物:おうじゃのしるし

パルシェンの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
50 95 180 85 45 70

性格について

性格は両刀型を採用しているためにやんちゃな性格で固定です。高い火力を出すために攻撃力を高めますが、特功も下げないようにしているので元より低い特防を切り捨ててます。

持ち物について

基本的には不利な相手が来ても怯みで無理矢理パルシェンで処理できる広範囲のおうじゃのしるしが候補かと思います。

しかし単に火力を求めるのでしたらいのちのたまが安定しており、積んだのにでんじはやさいみんじゅつなどの状態異常を一度透かすことができる安定性のラムのみも候補に入れて良いと思います。

この点に関してはパーティと相談でいいでしょう。

努力値について

努力値ですが、Aに252振り、S調整はお好みで抜きたいポケモン次第です。せっかくなので130族抜きだけではなくメガライボルトは抜いておいたほうがいいと感じました。

残りはHまたはCに振ります。ここらへんはお好みと言ったところです。

今回の技構成


タイプ 技名 威力 命中率
みず ハイドロポンプ 110 80
こおり つららばり 25 100
こおり こおりのつぶて 40 100
ノーマル からをやぶる

ハイドロポンプ

今回の両刀型を採用するにあたって必須級であり魅力的な火力が出ます。

やや命中率に不安がありますが倒せる範囲が全然違って広くなるのでおすすめです。(ヒードラン、エアームド、ウルガモスなど)

つららばり

パルシェンのメインウエポン。特性、火力との相性も抜群で怯みも狙え襷やがんじょうも貫通できる便利な技です。この技ならば特性マルチスケイルのカイリューも潰すことができます。

元々の威力が低いから採用しないのは、ミスです。パルシェンを使うならば必須級の技になります。

こおりのつぶて

先制技。ドラゴンへの打点ですが、せっかく積んでも麻痺してしまった時に役に立ちます。終盤の一掃役にも。積めれば意外と火力は出ます。

からをやぶる

この技がないとパルシェンに火力がなく、このポケモンを採用する意味が薄くなってしまうくらい必須な積み技。

Bが高いのでガブリアスなどの高火力物理アタッカーに繰り出して積む、というのが大体の戦術パターンでしょう。

B,Dが下がってしまうのでかなり低いDには気を付けましょう。特殊先制技でも弱点を突かれれば倒される可能性が高いくらいなので。

その他の技

ロックブラスト

本来の物理型なら必須級の岩技でありこれも連続技です。タイプ範囲も広くなりウルガモスやリザードン相手にした際も勝てるので全然採用の余地はあるでしょう。

 - ポケモン育成論 , ,