ポケネタ速報

【ORAS】メガバシャーモ(高速物理アタッカー型)についての育成論

      2016/03/02

超高速物理アタッカー、メガバシャーモ育成論


《物理火力特化型》
 性格:いじっぱり。
 特性:かそく(バシャーモの時もかそく)。
 努力値配分:HP6、攻撃252、素早さ252。
 技:とびひざげり、フレアドライブ、まもる、つるぎのまい。
 持ち物:バシャーモナイト。

《概要》


メガバシャーモはゲームスタート時にもらえるポケモン、通称御三家の一匹であるバシャーモのメガシンカ型です。ほのおかくとうというアタッカーとして優れた二つのタイプを持っています。種族値は物理アタッカーとして申し分ありません。最も重要は攻撃種族値が160というかなり高い数値に設定されています。

バシャーモは120ですから、40も上がっています。素早さに関してもバシャーモの時は80でしたが、メガシンカによって100までアップしました。100の大台に乗ったことはアタッカーとして非常に大きいです。実は特攻種族値も130あり、決して低くない数値となっています。

また、メガバシャーモにとって忘れてはいけないポイントが特性かそくです。この特性が他のアタッカーとの大きな違いです。自動で素早さが上がるわけですから、使う側としてこれほど便利な特性はありません。使用できる技も比較的豊富と言えます。物理アタッカーとしても特殊アタッカーとしても育成できますし、補助技もそれなりに使えます。ただ、育成の型はやはり物理アタッカーが主流であることは間違いありません。

《技》


とびひざげり
威力130のタイプ一致技です。メインウェポンとなります。命中に少し不安がありますが、そんなこと気にしてはいけません。等倍以上の相手には基本的にこの技を使っていきますが、ゴーストタイプとまもるには注意が必要です。

フレアドライブ
威力120のタイプ一致技です。反動はありますが、威力はとびひざげりと遜色ありません。命中が安定していることも魅力です。とびひざげりが通らない相手や、勝ちが確定していて技を外したくない最後の一撃などに使います。

まもる
何かと便利に使えます。主にかそくをするために使い、この技のおかげで安心して素早さを上げることができます。他にも味方が与えたスリップダメージを稼いだり、純粋に様子見をしたい場合にも使えます。

つるぎのまい
メガバシャーモは持ち物が固定されてしまうため、火力アップアイテムを持つことができません。そこで、つるぎのまいを搭載します。あまり耐久力のないポケモンなので、使用には注意が必要ですが、一度でも使うことができれば抜き性能が格段に上がります。

《性格》
いじっぱりです。ようきという選択肢もなくはないですが、メガバシャーモになったことで素早さ種族値が100になり、一度のかそくでたいていのポケモンより速くなります。そのため、火力面に補正をかけたいじっぱりを採用します。


《持ち物》
メガシンカポケモンなので、バシャーモナイトを持たせます。


《特性》
かそくになります。毎ターン素早さが1段階上がるという非常に優れた性能を持っています。一度かそくできれば先制技以外で先手をとられることはほぼありません。2回かそくすればまず間違いなくどのポケモンより速くなったと考えていいです。
また、バシャーモの時の特性もかそくを推奨します。そうしておくことで、メガシンカ枠で使用しない時もかそくバシャーモとして使用できるからです。

《努力値振り》
・HP6:一応のHP振りです。特に大事な部分ではないので、お好みで防御や特防でもいいです。

・攻撃252:問答無用で極振りです。純粋なアタッカーとして育成しますし、火力アップアイテムが持てないので、調整する余地はありません。最大限振りましょう。

・素早さ252:ここも252振ります。調整して残りの努力値を耐久に回す手もありますが、全振りを推奨します。そうすることで素早さの優劣を判断しやすくなりますし、単純に抜ける相手が増えます。


《運用方法》


パーティのエースアタッカーとして運用します。主な運用方法は二つあり、一つ目は序盤に投入して一気に相手ポケモンを倒していく方法です。とびひざげりとフレアドライブでほとんどの相手に等倍以上が取れるため、相手に場を整える隙を与えることなく高速での決着を図ります。

二つ目は終盤に繰り出していき、ある程度削った相手に対し、仕上げをしていく運用です。メガバシャーモの抜き性能の高さが発揮されます。また、かなりピンポイントな運用方法としておにびを読んで後出ししていくこともできます。成功すればノーリスクでバシャーモを投入することができます。

注意点としてはこのメガバシャーモは高速高火力ではありますが、先制技を持っていない点です。どんなに速くても先制技には先手をとられるため、相手のパーティはよく見ておきましょう。また、当然ですがファイアローを筆頭に相手にできないポケモンもいますし、でんじはに弱いなど弱点もあります。エースアタッカーであるメガバシャーモの苦手を上手く補うことのできるパーティ構築が重要になってきます。

 - ポケモン育成論