ポケネタ速報

【ORAS】ドンファン(イバンのみ)についての育成論

      2016/07/09

【ドンファン】


特性:がんじょう
技構成:じしん/ステルスロック/がむしゃら/こおりのつぶて
個体値:31-31-31-x-31-31
努力値:H252 A252

ドンファンというポケモン

ドンファンはAとBの種族値が120と高水準です。Aはバシャーモやマニューラと同じ水準で、Bはカバルドンやドータクン、スイクンよりも高く、クレセリアと同じです。逆にDは60なため低いです。しかし、このDの低さがポイントです。ドンファンは物理型に対しては持ち前の耐久力で強気に立ち回りステルスロックを撒きます。

特殊型との対面は、初手からがむしゃらをうっていきます。特殊技ではよくHP1まで削られます。そしてがむしゃらをうち、次のターンこおりのつぶてから後続のポケモンにイバンのみを発動させて、じしんなどを打つことで1:1.5ほどの交換ができます。この型はXY時代やORAS初期には結構流行っていた型なのですが、最近少なくなってきたので、逆に使い時かもしれません。

また、地面タイプなので電気の一貫性を消すことができます。パーティで電気タイプの一貫性を消したいとき採用ポケモンに迷ったらドンファンという選択肢を考えることができます。

ドンファンと若干役割が被るのはカバルドンですが、先制技をもっている点で差別化を図ることができます。また、ドンファンの数は減少傾向になるので、最近はがむしゃらも読まれなくなってきています。がむしゃらの採用率は20%程度です。

性格

いじっぱりです。火力を底上げします。

特性

がんじょうです。他の特性はORAS環境になって天候永続がなくなった結果死に特性となった砂隠れしかありません。がんじょうを採用している型のため、がんじょう一択です。

努力値

A252 B252です。特殊技は受ける気がないというか、むしろ特殊技では多くHPが削れてほしいのでHには振らずにBに振ります。

持ち物

がんじょうとイバンのみという鉄板の構成にするので、イバンのみで確定です。前述の通り、がむしゃら+つぶてから後続をイバンのみじしん等で削ることができます。ドンファンの持ち物はラムのみが1位で41.8%、次点でたつじんのおび15.7%、イバンのみ14.5%、ゴツゴツメット11.0%となっています。

技構成

じしん(採用率99.5%)
ドンファンのメインウェポンです。無振りガブリアスやガルーラを5~6割削ることができるので確定2発です。逆にA特化ガブリアスのじしんは確定3発、A特化ガルーラのおんがえしは乱数4発、確定3発になります。なお、A特化ガブリアスのげきりんは乱数2発(90%)なので、耐えることは難しいでしょう。しかしA特化じゃなければ2発は耐えるのでこちらのじしんでもっていきましょう。

ステルスロック(採用率37%)
相手のパーティ次第では、じしんよりステルスロックを選んだ方がいい場面があります。特に、環境トップポケモンのファイアローやウルガモスには4倍で、ボーマンダやカイリュー、ボルトロスには2倍で入るため、この技自体のポテンシャルが高いです。

ドンファンを見ると、じしんをすかすために飛行タイプが出てきがちなので、有利対面こそステルスロックを打つといったプレイングが必要になることもあります。このステルスロックの枠は、パーティと相談してもよいです。

一応、このドンファンはファイアローに対して、なにもできないので、ファイアローを意識するならがんせきふうじの採用もアリだと思います。がんせきふうじの採用率は38.8%です。ちなみに、ドンファンが倒したポケモン2位がファイアローです。

こおりのつぶて(採用率98.7%)
なぜこのポケモンがこおりのつぶてを覚えるのかは謎ですが、覚えます。ドンファンは地面タイプという関係上、よく飛行タイプを呼びますが、こおりのつぶてで誤魔化すことくらいはできます。そのため、地面タイプと氷タイプの相性は抜群です。採用率も約99%ということなので納得の採用率といったところでしょうか。ちなみに、ドンファンが倒したポケモン1位はガブリアスであり、3位はボーマンダです。どちらも氷4倍のポケモンなので、こおりのつぶてが刺さっているものと思われます。

がむしゃら(採用率20.6%)
相手のポケモンとこちらのポケモンの体力を同じにするという技であり、この型のリーサルウェポンです。このドンファンならHP満タンからならタイプ相性最悪のスイクンすら倒せます。無振りスイクンのねっとうでドンファンは75~90%削られるので、がむしゃら→イバンじしんで勝てます。

運用方法

基本的には初手で出します。相手が物理型で、ステルスロックがほしいときにはステルスロック→じしん→イバンじしん等で1体倒しましょう。ステルスロックがいらない場合はイバンを残している状態で1体倒すのが理想です。

無振りガブリアスやガルーラが確定2発なので、耐久型のポケモンじゃない限り、確定2発に持っていける場面が多いでしょう。相手が特殊型ならがむしゃらを選択しましょう。これが決まった試合はかなり有利に試合展開することができます。

万が一、変化技等でがむしゃらをすかされたら、恐らく、次不通に殴ってくることはないので、ステルスロックやじしん等で圧力をかけていきましょう。このドンファンはどくややけどになると仕事ができなくなるので、状態異常には十分気を付けて動いた方がいいです。がんじょうの特性を確実にいかせるガブリアス等との対面は有利に戦えます。

 - ポケモン育成論