ポケネタ速報

【ORAS】ミロカロス(ダブルバトル型)についての育成論

      2016/05/01

ミロカロスは、ルビー・サファイアから登場した水タイプのポケモンです。ライバルの多いタイプですが、ダブルバトルでは独自の強さを発揮している強力なポケモンです。

特に優秀な要素が、XYから獲得した特性「かちき」です。この特性は「自分のどこかの能力が下がった場合に、Cが2段階上がる」というものです。ダブルバトルにおいては相手のポケモン2体の攻撃を同時に下げられる特性「いかく」が非常に強力であり、多くのPTが特性「いかく」のポケモンを採用しています。

しかし、ミロカロスは特性「かちき」によって相手の特性「いかく」のポケモンを利用して、こちらのCを上げることができるのです。この特性によって、相手が特性「いかく」のポケモンを選出したとしたらこちらのCが上がりますし、選出してこなかった場合には味方の物理ポケモンが動かしやすくなります。

また、特性「いかく」のポケモンの中で最もメジャーな霊獣ランドロスに強い水単タイプであり、メガガルーラ、ヒードラン、クレセリア、ファイアロー、ギルガルドなどその他の上位ポケモンに対しても仕事ができるので、XY以降非常に評価を上げたポケモンと言えるでしょう。

ミロカロスと言うポケモンは場に居座れば居座るほど試合を有利に展開しやすいポケモンです。「ねっとう」による追加効果の試行回数を増やしたり、相手が特性「いかく」のポケモンを繰り出しにくくなる上に、出してきた場合にはこちらが強化されるという点が主な理由となります。

選出に関しては初手に「いかく」のポケモンが来たときに有利になれるように、こちらも初手で出していくのが良いでしょう。また、苦手なポケモンが出てきたとしても、すぐに引かずに「まもる」を使用すると良い場面もあります。

たとえば、こちらがガルーラとミロカロス、相手がガルーラとボルトロスという対面になった場合には、ボルトロスがミロカロスを狙ってくる可能性が高く、そのターンにミロカロスが「まもる」で攻撃を凌いで、味方のガルーラがボルトロスを倒すことができれば次のターンはミロカロスが余裕を持って行動できるといった局面があるからです。

必ずしもこのような展開になるとは限りませんが、ミロカロスは「まもる」によって1ターン凌ぐことによるメリットが出やすいポケモンなので、それを頭に入れて立ち回ると良いでしょう。ミロカロスは、厳選が難しくない一般ポケモンですし、メジャーポケモンに強いと言う明確なメリットがあるのでダブルバトル初心者の方がとりあえず育成しておくポケモンとしてもオススメです。

ミロカロス:いつくしみポケモン

350

タイプ:みず
性格:ずぶとい
特性:かちき
持ち物:オボンのみ

ミロカロスの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
95 60 79 100 125 81

性格について

役割対象である霊獣ランドロスへの安定性を考慮し、Bに補正をかけた性格ずぶといとします。Dに関しては元の種族値が高いため性格補正をかける必要性が低いことや、現環境ではメガガルーラやファイアローなど物理の高火力ポケモンが多いというのも、Bに補正をかける理由になります。

持ち物について

持ち物はオボンのみを持たせます。これは高い耐久と相性の良い持ち物であり、「たべのこし」も候補に入りますが、「オボンのみ」の方が瞬間的な回復量が多く、本来2回耐えられない攻撃を2回耐えることができる点が優秀なので、こちらを推奨とします。

努力値について

努力値の配分は、H252 B164 S92で振り分けてます。Hは、耐久重視のポケモンなので全振り確定、Bには性格補正をかけた際に効率の良い11n調整、SはこごえるかぜによってSが1段階下がった最速のガブリアス(102族)抜き

本来の役割を重視してHBベースに配分しつつ、Sをここまで振ることによって「こごえるかぜ」を1度当てれば多くの中速くらいのポケモンなら抜くことができます。

今回の技構成


タイプ 技名 威力 命中率
みず ねっとう 80 100
こおり こごえるかぜ 55 95
エスパー じこさいせい
ノーマル まもる

ねっとう

耐久重視の水タイプポケモンにおなじみのメインウェポン。霊獣ランドロス、ファイアロー、ヒードランなどの弱点を突くことができる他、追加効果が非常に優秀であり、特にメガガルーラを「やけど」状態にすることができれば大きなアドバンテージに繋がります。

また、ダブルバトルの環境では水タイプの攻撃技の通りが非常に良く、半減以下にできるポケモンがいなかったり、1匹しかいないというようなPTも一定数存在します。特性「かちき」が発動すればかなりの火力が出るということもあり、確定技です。

こごえるかぜ

ダブルバトルにおいて強力な要素を複数持っている技。威力は高くないものの相手2体を同時に攻撃できるため削りとして非常に優秀であり、Sを1段階下げる追加効果によって、味方全体のサポートをすることができます。

また氷タイプの攻撃技であるため、水技が半減される草やドラゴンの弱点を突くことができますし、霊獣ランドロスやガブリアス、メガボーマンダなどに対しては4倍弱点となるため大きなダメージソースになります。

じこさいせい

弱点を突かれにくく場に居座りやすいミロカロスと相性の良い回復技。この技があることで「ねっとう」で「やけど」状態にした物理ポケモン相手から突破される可能性をかなり下げることができます。

ミロカロスは場に居座るだけでもメリットを得やすいポケモンなので、是非採用したい技です。

まもる

ダブルバトルにおける基本的な技ですが、ミロカロスにおいては特に重要です。ミロカロスは、高い耐久や少ない弱点、特性「かちき」や「ねっとう」による追加効果など相手としては厄介な要素が複数あるために集中攻撃を受けやすいポケモンです。

そのため「まもる」で1ターン攻撃から身を守ることで、味方を動かしやすくしたり、縛りを解除して次のターン以降の行動に余裕が出たりと、得られるメリットが多いです。


 - ポケモン育成論 , ,